« 「脳」のファッション | Main | 最適化活動 »

May 11, 2005

『物質の美』


8c-050511-001

カーネギー曰く、、、

『仕事で気がめいったら、外に出て美しい景色をみてみよう!さすれば気が晴れます。。。』

だそうで、人間は、『美しい』と感じるモノに対して、ポジティブ効果が出るようです。これは僕の仮説ですが、脳に蓄積する情報(データ)を美しいと感じるものだけに限定すれば、その人は、『美しい人間』になるような気がします。如何に脳みそに蓄積する情報を決めて行くかが勝負かな?・・・

その『美しいモノ』にも自然的なモノもあれば、人工的なモノ、歴史的なモノなど、多数存在します。それらを意識して見ようとすると、『美しいモノ』を整理する事ができ、最終的には、自分の「美の形」のようなモノが定義されてくるように思います。。。

自分が「美しい」と思うものを探す散歩をする。建物や自動車、人や、街並、自然。。。

そうやって、自分の「美的価値」見たいなモノを定義できれば、また新しい創造行為ができるような気がします。。。


|

« 「脳」のファッション | Main | 最適化活動 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/15146/4080262

Listed below are links to weblogs that reference 『物質の美』:

« 「脳」のファッション | Main | 最適化活動 »